がんカフェぷらな@こんごういん 公式ホームページ

お知らせ

news

お知らせ

news

帯津良一先生ちいさな勉強会

昨日のがんカフェちいさな勉強会は、

帯津良一先生の

ー健康とは内なるダイナミズムー

天災、紛争などが増えている昨今、地球の場の自然治癒力が落ちているのか。食い止めるためにも養生が必要である。

それも攻めの養生。守りの養生は体を労わるが、攻めの養生は体を無視して命のエネルギーを最後の日まで高め、死へ突入していく。

貝原益軒も攻めの養生だ。

ベルクソンの言う命の躍動、創造的進化、生命を生命たらしめている内的パワーが必要である。

大いなる喜び、心のときめきが自然治癒力を高める。

今日が最後の日と思って生きる。

生命の躍動、歓喜、創造という一連のダイナミズムは将来の何かへの備え。何かとは来世である。

攻めの養生が佳境に入るのは人生後半、人生の幸せは後半にあり。

健康とは生命の躍動があって来世への展望があること。道を楽しめばいい。それは来世に繋がる。

その他登場人物は、白隠禅師、寺田寅彦、夏目漱石、青木新門、立川談志、シュレーベルなど縦横無尽の楽しいお話でした。

がんカフェへのお問い合わせ・ イベントのご予約はこちらまで