がんカフェぷらな@こんごういん 公式ホームページ

お知らせ

news

お知らせ

news

大西秀樹先生ちいさな勉強会

平成最後のがんカフェちいさな勉強会は

埼玉医科大学国際医療センター

精神腫瘍科

教授 大西秀樹先生

「がんと上手に付き合うために必要な心の持ち方」

がんと告知を受けても最後まで生き、

いかに病気と向き合うか

「私たちは問われている存在」だということを、厳しい状況も含めて、とても分かりやすくお話ししてくださいました。

「100人のがん患者さんのうち、精神疾患の患者さんは何人いるでしょうか?」

この質問の答えは、50人。

病気に限らず悪い知らせを受けとると、2週間くらいで気持ちが戻れる場合と戻れない場合がある。

患者さんの家族は第二の患者

・家族が健康とは限らない

・精神うつ10%~50%

・不眠

・本人と家族の失業

 

遺族ケアについて

・かけられた言葉で、つらい思いをしてしまう

・有害援助と有用援助(AERA3/25日号参照)

 

末期に穏やかでいられる方

・身体的な痛みがない(薬の有効活用)

・精神的な辛さがない(メンタルケア)

・家族の支え

 

☆気持ちを保てる方とそうでない方について

PTG(心的外傷後の成長)とは❓

PTSD(心的外傷後のストレス障害)の後、その体験を通して成長・再生すること

 

治療で大切なのは、

話を聴く(聴いてあげるのではない)

→問題点を理解

→一緒に考えていく

→必要であれば、少ない薬で治療

そして、継続的な援助が大切。

「次回またお話ししましょう」

「またお会いしましょう」

次につなげる言葉かけだそうです。

大西先生、ご参加くださった皆さま

ありがとうございました。

🔶🔶🔶🔶🔶

次回は

5月26日(日)

14:00~16:00

がん・感染症センター都立駒込病院

心理療法士 栗原幸江先生

「ストレスの波を上手に泳ぐコツ」

会費:2.000円

定員20名

ご予約をお願いいたします。

がんカフェへのお問い合わせ・ イベントのご予約はこちらまで